外壁コーキングはちゃんとプロに依頼しましょう【補修工事の価格相場】

コーキングの補修

外壁に窒素サイディングやALCを使った際、最も劣化してしまうのがコーキングです。

柔軟性がある素材ですが、年数を重ねる事で硬化してしまい、引っ張りに弱くなって切れてしまいます。

コーキングの劣化を発見したらすぐにリフォームしましょう

コーキングが切れてしまうと、建物内部に水分を入れてしまいますので、良くありません。

参照記事:外壁サイディングの劣化時の補修方法!状況別の修理ポイント

放っておくとカビやシロアリの原因になってしまう事も有ります。

少しでもコーキングの切れを発見したら、コーキングの打ち直しリフォームを行いましょう。

コーキング施工は、リフォーム屋さんか塗装屋さんが行ってくれます。

技術が必要な工事なので、地元で評価の高い会社に問い合わせてみましょう。

外壁の種類によって行うコーキングの素材が変わる

コーキングには、様々な種類があります。打つ素材によって使い材料が変わりますので、注意しましょう。

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

一般的な窒素系のサイディングの場合は、その上に塗装を行う場合は変性シリコン系を使います。

塗装をせずコーキングのみで終わらせる場合は、シリコン系を使います。ALCの場合は、水性アクリルエマルション系を使います。

変性シリコン系や水性アクリルエマルションの場合は、2液性のコーキングを使用します。 シリコンは、2液性か1液のカートリッジタイプを使います。

簡単そうに見えて外壁のコーキング工事は技術が必要

コーキングというのは、一見簡単そうに見えると思います。しかし、コーキングをきちんと溝に収める事は、想像以上に大変です。

溝の中で2面接着する事が、とても重要となります。

この技は、素人では不可能です。いい加減にコーキングをすると、すぐに切れてしまいます。これでは、せっかくの苦労も水の泡です。

プロにちゃんと依頼するべき!コーキング工事の価格相場

こういったコーキング工事は、必ずプロにお任せするようにしましょう。プロに施工してもらえば安心です。

プロが施工してもたまに短期間で切れてしまう事があるので、そういう時は無償で直してくれると思いますよ。

あなたの地元で評判の良い施工会社に依頼される事がおすすめです。

コーキングのリフォーム金額は、既存のコーキング剤撤去料金を含んで、900円~1,200円㎡になります。(㎡は、壁面積の計算方法)

その他、高い場所でのコーキング工事となると、足場代金が別途かかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)