カラーベストの屋根をリフォームする前に「後悔しない為に知っておくべき」7つの必要知識!

スレート屋根「カラーベスト」のリフォームを行う際のポイント


【PickUp!】習志野エリアで評判が良いで屋根・外壁リフォーム会社知ってます?
地域の方達に信頼されているのは「しっかりした施工が愛されている」から。習志野エリアで評判になっている外壁工事店を取り上げています。

習志野市で評判が『屋根・外壁リフォーム業者リスト』を確認する

カラーベストの「屋根を塗り替えと葺き替え」で悩んでいませんか?

カラーベストの家

カラーベストは、リフォームを検討の際に塗り替えなのか屋根を葺き替えなのか、どちらにすべきかお悩みではないですか?

塗替えを選ぶべきなのか張替えなのかは、カラーベストの状態により異なります。

本当は葺き替えにしないといけないレベルでも、葺き替え工事が得意では無くて塗装の方が利益が出るので業者の都合で進められる事も。

当然その逆も有ります。

だからこそ、こういったカラーベストの屋根工事を行う際には、売込みをしてくる営業マンでは無く「しっかりした知識を持つ」担当者が提案してくれる会社を選ぶ事がとても大事です。

下記には、習志野市付近の屋根や外壁等「外回りリフォームが得意な業者」の評判を掲載しています。

カラーベスト等の屋根のリフォームで失敗したくない方は、こういった情報を参考にしてくださいね。

知っておきたい!カラーベスト屋根を塗装する際の欠点と利点

知っておきたい!カラーベスト屋根を塗装する際の欠点と利点

では実際に、カラーベストの屋根を塗装する際の欠点や利点はどういった物があるのか?

事前に把握しておく必要が有ります。

下記には、カラーベストの屋根を塗り替えする際の必要知識を掲載していますのでご参考ください。

カラーベストの屋根で塗り替えを選ぶ3つのメリット

カラーベストの屋根で塗り替えを選ぶ3つのメリット

カラーベストの塗り替えのメリットは、これらが挙げられます。

費用をお安く抑える事ができる

費用をお安く抑える事ができる

カラーベストのメンテナンスを塗り替えとする事で、塗装費用のみの少ないメンテナンス費用で納める事ができます。

好きなカラーに塗り替えが可能

好きなカラーに塗り替えが可能

カラーベストを塗り替える事により、好みのカラーの屋根へと変身させる事ができます。

カラーベストには無いカラーの採用も可能であり、ご自宅にしかないカラーベストの色合いとする事が出来ます。

短期間での施工が可能

短期間での施工が可能

屋根の塗り替えのみですので、短期間での施工が可能となります。

忘れずに確認を!カラーベスト屋根を塗り替えにする2つのデメリット

忘れずに確認を!カラーベスト屋根を塗り替えにする2つのデメリット

カラーベストを塗替えする事でのデメリットは、これらが挙げられます。

雨漏りに気づかない場合がある

雨漏りに気づかない場合がある

塗装をするだけのメンテナンスですので、カラーベストに発生している不具合に対応できない場合もあります。

その為、既に起きている雨漏りを放置してしまう可能性もあります。

屋根上で塗装の作業をする事でカラーベストを破損させてしまう場合がある

屋根上で塗装の作業をする事でカラーベストを破損させてしまう場合がある

カラーベストは衝撃に非常に弱い素材であるがために、屋根上で塗装工事作業を行う事でカラーベストを踏み割って破損させてしまう事があります。

カラーベストを新しい物に差し替えを行う際の利点と欠点

カラーベストを新しい物に差し替えを行う際の利点と欠点

では、カラーベストを新しい物に「差し替え」を行う際の欠点や利点はどうなのか?

屋根のリフォームを行う上で、必ず知っておきたいカラーベストの差し替え工事を実行する時の必要知識をまとめています。

こういうポイントを知った上で、どういう方法で屋根をリフォームするか検討して下さい。

新しい見た目に生まれ変わる!カラーベストの差し替えを行う2つのメリット

新しい見た目に生まれ変わる!カラーベストの差し替えを行う2つのメリット

カラーベストを張替えする事で得られるメリットは、これら挙げられます。

既に発生している雨漏りに対応する事ができる

既に発生している雨漏りに対応する事ができる

既存のカラーベストを全て取り外し新規で葺き直ししますので、屋根下地まで確認が可能となります。

その為、雨漏りの状態を把握し改善する事も可能となります。

外観を変える事無く「新しくする」事が可能

外観を変える事無く「新しくする」事が可能

カラーベストの葺き替えですので、屋根全体が新品のカラーベストとなります。

外観を殆ど変える事無く、商品だけを新しくする事が可能です。

また、屋根材が新品になる事で雨漏りが起きない快適な屋根とする事が出来ます

カラーベストの屋根を差し替える際の3つのデメリット

カラーベストの屋根を差し替える際の3つのデメリット

カラーベストを張替えする事でのデメリットは、これらが挙げられます。

工事費用が高額になってしまう

工事費用が高額になってしまう

既存のカラーベストを全て撤去した上で新しいカラーベストに拭き替えるので、撤去手間や廃材処分費などの費用、新規カラーベスト葺きの費用など、膨大な費用がかかってしまいます

工期が長くかかってしまう

工期が長くかかってしまう

屋根の張替えですので、工期が長くかかってしまいます

通常1週間ほどかかってしまい、手間がかかってしまった場合は10日~2週間ほどかかってしまう事もあります。

野地板が平らじゃないと葺き替えが出来ない

野地板が平らじゃないと葺き替えが出来ない

カラーベストはデリケートな屋根材ですので、野地が平らじゃないと対応できません

野地板が経年劣化により凹凸が激しくなっている場合、カラーベストを葺く事ができない場合もございます。

その場合は野地板も張り替え無ければいけませんので、膨大な張り替え費用となってしまいます。

他の素材からカラーベストに「葺き替え工事」を行う際の利点と欠点も知ろう

他の素材からカラーベストに「葺き替え工事」を行う際の利点と欠点も知ろう

塗装のリフォームは屋根材の耐久力を考えると、2回までが限界です。3回目は塗装では無く葺き替えや重ね張りが必要になります。

そういった他の屋根材を用いていても、葺き替え工事を行う時にカラーベストは選ばれています。

下記にはそういった、カラーベストの屋根の葺き替え工事や重ね張りリフォームのポイントをまとめましたのでご参考ください。

他の屋根材からカラーベストに葺き替え&重ね張りを行った場合の3つの長所

他の屋根材からカラーベストに葺き替え&重ね張りを行った場合の3つの長所

カラーベストは、想像以上にメリットが多い屋根材です。

他の屋根素材よりカラーベストに葺き替えた場合、このようなメリットを生むこと出来ます。

瓦屋根と比べると素材が軽い

瓦屋根と比べると素材が軽い

瓦屋根と比べると軽い素材ですので、耐震性の高い建物へと導きます。

寿命が長い

寿命が長い

スレート製品の耐用年数は50年以上と言われており、カラーベストは30年以上は確実と言われております。

板金屋根より高寿命であり、カラーベストを屋根の葺き替えで採用する事で、メンテナンスフリーの屋根とする事が出来ます。

美観性に富んでいる

美観性に富んでいる

カラーベストは商品に特性や形がオシャレであり、カッコいい屋根へと導く事ができます。

なんて事の無い無難な屋根も、カラーベストを葺く事でオシャレな建物へと変身させる事が出来ます。

症状に合わせて判断しよう!カラーベストの屋根で塗装でもOKなケース

カラーベストの塗替えが可能な状態は、このような屋根状態です。

カラーベストが色あせている

カラーベストが色あせている

カラーベストが色あせている程度であれば、塗り替えのメンテナンスで可能となります。

雨漏りが発生していない

雨漏りが発生していない

現在雨漏りが発生していない場合は、塗り替えのメンテナンスで可能となります。

このような2つの状態であれば、塗り替えで対応可能です。

失敗したくない!カラーベストの塗り替えを行う際のポイント

失敗したくない!カラーベストの塗り替えを行う際のポイント

カラーベストの塗り替えを行う場合は、これらのポイントに注意しましょう。

縁切りを行う

縁切りを行う

カラーベストの塗り替えは、縁切りが必要となります。

タスペーサーをカラーベストの継ぎ目に入れ、継ぎ目をふさがないようにしなければいけません。

縁切りを怠ると雨漏りへと発展してしまいますので、絶対に行うようにしましょう。

カラーベストを破損させないように屋根上で行き来してもらう

カラーベストを破損させないように屋根上で行き来してもらう

カラーベストは非常にデリケートな材料ですので、屋根上を行き来するだけで割って破損させてしまう事があります。

カラーベストの塗り替えの際は、余計な重心をカラーベストに与えないようにするのがとても大事です。

野地垂木の上を歩行する等独自のポイントがありますので、カラーベストの扱いになれた業者にカラーベストの塗装を行ってもらう事がベストとなります。

カラーベストの張替えが必要な場合の屋根状態はこの3つ

カラーベストの張替えが必要な場合の屋根状態はこの3つ

逆にカラーベストの張替えが可能な状態は、このような屋根状態です。

カラーベストの表面が劣化している

カラーベストの表面が劣化している

カラーベストの表面が劣化している場合は、張替えが必要となります。

カラーベストに破損が生じている

カラーベストに破損が生じている

カラーベストに、割れや欠け等の破損が発生している場合は、張替えが必要となります。

以前に2回以上塗装工事を行っている

以前に2回以上塗装工事を行っている

以前に2回以上塗装工事を行っている場合には、もう屋根材自体の耐久性がなくなってしまっています。

なので、葺き替えや重ね張り等の対応が必要です。

このような2つの状態であれば、塗り替えではなく張り替えが必要となります。

スレート屋根「カラーベスト」のリフォームを行う際のポイントをまとめると…

スレート屋根「カラーベスト」のリフォームを行う際のポイントをまとめると…

  • カラーベストの屋根リフォームに迷ったら信頼できるプロに相談を
  • カラーベストのリフォーム方法別のメリットデメリットを知ろう
  • 屋根の塗装工事は2回までが限度。それ以上は葺き替えか重ね張りが必要
  • 現在の屋根の状況別に選べる工法が違います

いかがでしたでしょうか。

このように、カラーベストの状態によって塗り替えなのか張替えなのかは決まります。

適したメンテナンスとしないとカラーベストはすぐに雨漏りを発生させてしまいますので、見極めは慎重に行うようにしましょう。

また、工事を行ってもらうのであれば、しっかりした知識と施工技術を持つ業者に相談を行う事が大事です。

下記には、習志野市付近の屋根や外壁等「外回りリフォームが得意な会社」の評判を掲載しています。

業者選びで失敗したくない方は、下記の記事をご参考ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)