屋根をカバー工法で葺き替える際の6つのメリットご存じですか?

屋根のカバー工法

屋根をカバー工法で葺き替える6つのメリット

【PickUp!】習志野エリアで評判が良いで外壁リフォーム会社知ってます?
地域の方達に信頼されているのは「しっかりした施工が愛されている」から。習志野エリアで評判になっている外壁工事店を取り上げています。

屋根の葺き替えはカバー工法がおすすめです!

屋根のリフォームの際の葺きなおしを検討する際、近年採用される事が多くなったのが、屋根のカバー工法です。

屋根のカバー工法とは、既存の屋根をそのままにしてその上から葺き替える方法で、最近はとても多くの家で採用されています。

近年支持される事が多くなった屋根のカバー工法には、どのようなメリットがあるのかピックアップしてみました。

カバー工法で屋根を葺き替える6つのメリット

屋根をカバー工法でリフォームするポイント

廃材代がかからないので費用の削減に繋がる

既存の屋根を剥がさないで行うという事で、撤去の際に手間や廃材代がかからないという大きなメリットが評判を得ています。

工期が短くなる

既存屋根を剥がす手間を削除している為、工期を短くさせる事が出来ます。

エコな工事に繋げる事が出来る

既存の屋根の廃材を出さないようにできるので、余計な廃材を発生させずに済みます。

エコな工事となりますので、現代に適した工事といえます。

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

屋根葺き直し工事中に雨が降っても大丈夫

屋根を剥がすと雨が降ってしまうと建物に雨水の被害を与えてしまいますが、既存の屋根の上に新しい屋根を葺く事で、万が一工事中に雨が降っても全く問題がありません。

梅雨時期など雨が多い時期でも、カバー工法は問題なく工事が出来ます。

屋根の遮音性の向上

板金屋根やスレート屋根などは遮音性が低いので、屋根を2重にする事で遮音性向上につなげる事が出来ます。

大雨が降っても、以前より雨音が気にならなくなったという声が多く挙がっています。

アスベスト対策になる

2004年以前の屋根のスレート材の場合は、アスベストが使用されていると言われています。アスベストは撤去の際に浮遊してしまいますので、とても危険で厄介です。

専門の資格を持った方が撤去を行うのですが、撤去の際に微分にもアスベストを浮遊させてしまいますので危険です。

カバー工法で上から屋根材で覆う事で、アスベスト対策となります。

カバー工法でリフォームを行うので有れば業者を選ぼう

瓦屋根等はカバー工法に向いていませんので採用出来ますが、他の屋根の場合は採用が可能です。

簡単に出来る屋根の葺き替え工事として、とても支持されています。

こういった施工を行う時には、地域で腕が良いと言われている業者に仕事は依頼され無いと後々後悔する仕上がりになってしまう事もしばしばです。

なので、地域で評価の高い業者にこういう工事は依頼されて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. あさ より:

    やっぱりさーこういう記事ってしっかり読まないとダメだわ。
    詐欺業者に騙される〜。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)