外壁の汚れが目立たない色3つをご存じですか?色選びのポイント

汚れが目立ち辛い外壁の色

外壁の汚れが目立たない3つの色は?

<目次>

【PickUp!】習志野エリアで評判が良いで外壁リフォーム会社知ってます?
地域の方達に信頼されているのは「しっかりした施工が愛されている」から。習志野エリアで評判になっている外壁工事店を取り上げています。

外壁の色は汚れが目立たない物を選びましょう

外壁は、雨だれなどの汚れでどうしても汚くなってしまうものです。

せっかく綺麗でオシャレだった自慢の外壁でも、経年によりくすんで汚れが目立つ汚い外壁…出来る事なら、汚くみえない外壁をキープしたいものですよね。

外壁の汚れを汚く見せない為には、汚れが目立ちにくい外壁の色を選択すると気にならなくなります。

今回はそういった、外壁の汚れが目立たない様な色について詳しくご紹介致します。

外壁の汚れを目立たなくさせる3つの色

外壁の色選び

グレー色

外壁の色はグレーを多く見受けられますが、その理由は汚れが目立ちにくいからです。

外壁に付着する汚れの色のほとんどが中間色であり、砂や土、コケ、カビ、これらはス茶色や黄土色です。

これらのカラーを調和させ目立たなくさせるのが、グレーなのです。

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

アイボリーやベージュ系

2番目に外壁の汚れが目立たなくなるのは、アイボリーやベージュ系です。様々な汚れは薄茶色ですので、色合いとして調和します。

余りにも汚れが付着するとグレー色より目立ってしまいますので、2番目となります。

ブラウン系

3番目に目立たないのが、ブラウン系の外壁です。

汚れが薄茶形ですので同系色と言うのが理由ですが、3番目になった理由は薄い色の汚れが付着しすぎると却って白っぽく目立ってしまうのが難点です。

汚れを考えると、この3色が適しています。

汚れを目立たなくさせる為には塗料も選定しよう

また、汚れが目立ってしまうのは、白や黒、赤等があり、汚れの事を考えるとオススメ出来ません。

オススメ出来ない色合いであっても汚れを目立たなくさせてくれるのは、親水性がある塗料です。

セルフクリーニング効果を発揮してくれるので、外壁に付着した汚れを浮かせ雨によって洗い流してくれます。

外壁の汚れが気になるのであれば、光触媒やフッ素系塗料などの親水性効果を発揮する塗料を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)