二世帯住宅の登記方法の選び方!リフォームする前に知っておこう!

二世帯住宅の登記

二世帯住宅のリフォームの登記は、親子どちらが行うべきか、どのような形を取るべきなのか、前もって考えておく必要があります。

二世帯住宅へのリフォームをした時の登記のポイント

主に、二世帯住宅へと変更した際の登記の方法は、3つの方法があります。

単独登記

二世帯住宅だが、親か子どちらかの単独所有にして登記する方法です。

親が持っている建物と土地でリフォームをした場合、親世帯の単独登記の場合は、そのまま引き継がれます。

子世帯が単独登記する場合は、親世帯から贈与される形になりますので、贈与税が発生してしまうパターンがありますので、注意しましょう。完全分離型に該当します。

共有登記

二世帯住宅を二世帯で二分している場合、この登記方法にするパターンがあります。1つの建物に対して二世帯共有の持ち物として、登記する形です。

それぞれの世帯が出資比率により持ち分を登記すると、元の建物の持ち主じゃなくても贈与税が発生しません。

完全分離型や一部共有型、完全共有型に該当します。

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

区分登記

共有登記と違う部分は、1つの建物なのに2つの住宅に完全に分けて登記する方法です。土地は区分して所有権を設定し、建物は使用面積により区分されます。

税金適用面積が少なくなるので、税金の面でのメリットが大きい方法です。完全分離型に該当します。

このようにチェックしてみると、区分登記が1番メリットが大きい感じがします。基本的に、二世帯住宅が二戸とみなされば、区分登記が可能です。

互いが室内で行き来出来るような二世帯住宅であれば、区分登記には該当しません。

室内を通過せずに、外部玄関から行き来出来る事が出来、玄関が2つある事が条件です。 このような税上の細かい話は、不安で有れば専門家に相談をする事をオススメします。

二世帯住宅のリフォームはしっかりした業者に依頼しよう

二世帯住宅を計画する際に、間取り等もそうですが、このような登記問題をどうするのかをよく相談し、どのような二世帯住宅にするのかを計画しましょう。

また、どうしてもこういった二世帯住宅のリフォームを行う時には、家族内であってもトラブルが起きてしまう事も有ります。

リフォーム会社と相談しながら、二世帯住宅は作り上げていく様にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)