外壁はノンクラック工法でリフォームするとひび割れの心配が無い!

外壁のノンクラック工法

外壁はノンクラック工法でリフォームするとひび割れの心配が無いんです!

〔目次〕

【PickUp!】習志野エリアで評判が良いで外壁リフォーム会社知ってます?
地域の方達に信頼されているのは「しっかりした施工が愛されている」から。習志野エリアで評判になっている外壁工事店を取り上げています。

習志野市で評判が良い外壁リフォーム業者リストを確認する

外壁のノンクラック工法だと家が長持ちするんです!

モルタル外壁の場合は、乾燥収縮を繰り返す事でクラックが発生してしまう事は周知の事です。

クラックが発生してしまうと、雨漏り等の原因に繋がる事も有り、クラックは無視できない外壁のトラブルです。

そんなモルタル外壁のクラックに目を向けた新しいモルタル工法が、ラスモルノンクラック工法です。

高耐久性に富んでいる軽量既調合モルタルタスモルの表層部分にアリスグラスファイバーネットを伏せ込み、クラックが起きにくい外壁モルタルとする事が出来ます。

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

ノンクラック工法ってどういう物?特徴をまとめると…

ノンクラック工法の特徴

モルタル外壁ならではのクラックが発生しにくいので、とても使い勝手が良いモルタル外壁とする事が出来ます。

ラスモルノンクラック工法には、このような素晴らしい特徴があります。

  • 超低クラック性
  • 高耐久性
  • 高浸透性
  • 高耐震性
  • 仕上げ似たような方法を施す事が出来る
  • 防水シートとの一環工法により防水性に富んでいる
  • 認定業者のみの施工となるので安心してお任せ出来る
  • 軽量
  • 施工性に富んでいる
  • 品質の安定
  • 防火耐火性能

耐震性の素晴らしさは、近年大地震が多い日本には適したモルタルとなります。

外壁はノンクラック工法で安心できる物へリフォームしよう

クラックの出来にくさは水平力試験でも高い成績を発揮しており、一般的な砂モルタルではたくさんのクラックが入ってしまったのにもかかわらず、ラスモルノンクラック工法のモルタルには目に見えにくい0.1㎜以下のクラックしか発生しませんでした。

モルタルにはどうしてもクラックが発生してしまいがちですが、様々な動きがモルタル外壁にかかったとしても重篤な被害となるクラックは発生しません。

小さく細かい地震が各地で発生していますが、ノンクラック工法のモルタルであれば暗くの被害を気にせず過ごす事が可能となります。

数年前より、個性が無いサイディングではなくモルタルの採用が復活し多くなってきております。

モルタルの難点クラックの問題を解決する事が出来れば、モルタル外壁の採用はしやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)