屋根の漆喰ひびの補修をDIYで絶対行わない方が良い理由!

屋根の漆喰

屋根の漆喰にひびがあると、その部分から雨水が浸食してしまい、雨漏りの原因となってしまいます。

見受けられた場合は、早急に補修するようにしましょう。

屋根漆喰のひびはDIYでは無くプロに補修を依頼しよう

漆喰の少量のひびの場合、DIYで補修するという方も多いようですが、絶対にオススメ出来ません。

漆喰の補修は簡単に見えるようで、漆喰をただ塗るだけだから簡単と思われる方が居るようですが、それは大きな間違いです。

漆喰作業は下準備が大変で手間がかかるので、素人さんでは意外と上手くいきません。漆喰の専用工具や漆喰の購入、足場代金等、意外と簡単そうで実はそうではありません。

屋根の漆喰をDIYで補修すると雨漏りする事も多い

また、素人さんが実際屋根の上に登って作業を行うと、瓦を割ってしまったり漆喰を付着し過ぎてしまったり等、余計に雨漏りの原因を作ってしまう事があります。

せっかくの漆喰の補修も、逆に雨漏りに繋げてしまう事があるので、望ましくありません。
漆喰のひびの補修は、必ず専門業者さんに頼みましょう。

屋根の漆喰の補修を業者さんに頼むと、足場代金と補修代金を含めて約40万~70万程かかります。

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

屋根の漆喰の補修は足場代が高い!

思いのほか高い、と思う方もいると思います。補修代金の大半は、足場の損料です。漆喰の補修代金自体は、m当たり7,000円程です。

どの程度補修する漆喰の量があるかにより、補修代金は大幅に変わっていきます。

1箇所漆喰にひびが出てしまった屋根は、調べてみると色んな場所にひびが出ている可能性があります。

足場代を考えると全面漆喰補修がおススメです

そういう場合は、部分的に補修するのではなく全面補修を行う事をオススメします。全て補修する事で、また10年~20年は持たせる事が可能となります。

屋根の漆喰のひび割れは致命的ですので、きちんと屋根の漆喰補修をしたいのであれば、高い金額を支払っても仕方ないと言えます。

屋根の漆喰のひび補修は、火災保険で修繕費が降りる可能性があります。火災保険の中にある風災保証が、該当する場合があります。

風によって漆喰にひびが入ったと証明できれば、全額火災保険から工事費を出す事が出来ます。

解りにくい方は、1度業者に問い合わせてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)