外壁を北欧スタイルにする色選び等5つのリフォームポイント!

北欧スタイルの外壁

外壁を北欧スタイルにリフォームする5つのポイント!

【PickUp!】習志野エリアで評判が良いで外壁リフォーム会社知ってます?
地域の方達に信頼されているのは「しっかりした施工が愛されている」から。習志野エリアで評判になっている外壁工事店を取り上げています。

外壁を北欧スタイルに変える為のポイントご存じですか?

近年女性に人気なのが「北欧風」の住宅です。

いやらしさの無いおしゃれで爽やかな見た目な物が多く、外壁等に用いると普通とは一味違った

北欧スタイルの外観にしたい場合、ポイントが上手くつかめていないとおしゃれな外壁を作る事が出来ません。

そういった、北欧スタイルの外壁に変更する為には5つのポイントがあります。

北欧スタイルの外壁の色にする為の5つのポイント

北欧風の外壁

ビビットカラーの使用

北欧スタイルで思い出す色といえば、ビビットカラーではないでしょうか。

1番よく目に付く色としては、赤が挙げられます。

赤が採用される事が多かった理由

北欧スタイルの外壁の色を赤が多く採用される理由は、酸化鉄のベンガラからきているそうです。冬寒く気象条件が良くない北欧では、木の耐久性や強度上げるという考え方があります。

極寒独自の気候から、雪や霜から建物を守るために赤色の外壁を採用される事が多くありました。

近年は赤だけではなく、青や黄色、レッドブラウンをベースにした外壁となっている北欧スタイルも多くなりました。

上下でツートンカラーにする

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

また、北欧スタイルの多くの特徴の中には、1階と2階の外壁カラーを変える事も大きなポイントです。

日本の外壁のツートンカラーは、下部を重いカラーにし上部を薄いカラーにする事が定番ですが、北欧の場合逆のカラー配置が多くあります。

下部に白等の薄いカラーを配置し、常備にビビットカラーを配置します。

腰に幕板を設ける

幕板や木材などで腰に板を入れ、カラーのジョイント部分を演出するのも北欧スタイルの大きな特徴となります。

幕板は白を採用する事が多く、腰部分にすっきり感を表しています。

窓廻りに建材や木材を四方廻す

北欧スタイルの特徴として、窓廻りに建材や木材で四方廻しているスタイルです。

カラーは白であり、欧風感を引き出します。

この5つの特徴を掴む事で、北欧スタイルの外観を作る事が出来ます。

北欧スタイルにしたい方は、この5つのポイントで理想の北欧スタイルにする事が出来ますよ。

北欧スタイルへの外まわり工事を行うのは信用できる施工店

また、こういった外壁に仕上げるのは見た目を良くするのはもちろんですが、「耐久性」も同時に高めなくてはいけません。

下手なリフォーム会社に外壁リフォームを依頼すると、耐用年数が10年の素材が5年しか持たなかったなんて事がざらにあります。

だからこそ、費用が格安と言う理由で技術力の低い会社へ依頼するのはちょっと気を付けた方が良いでしょう。

地元の県内で評判の良い会社などをしっかりチェックして、仕事が信用できる施工店を選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)