外壁塗装で防音や遮音機能の有る塗料はどの程度効果が有るのか?

外壁塗装で防音

家の中で楽器演奏などの趣味がある方、または外部からの騒音をシャットアウトしたい方は、建物の防音効果にこだわりたい物です。

あらゆる防音資材がありますが、外部から防音効果を高める工法として、外壁塗装も実は防音効果を高めてくれる事が有るんです。

外壁塗装で防音効果を高める事が出来る塗料

最近の塗料には様々な機能がある物が増えましたが、防音効果がある塗料があります。

外壁だけじゃなく内壁にも塗ると、その防音効果は更に高まります。手軽に防音効果を高める事が出来ると、喜びの声が高まっています。

有名な材料では、ガイナという防音塗料があります。

ガイナの塗膜で解りやすく説明すると、塗膜に複数種類のセラミックビーズを混ぜ込んでおり、塗膜の中で20列程のビーズの層が出来るので、吸音効果を発揮します。

塗料がもたらす防音効果の仕組み

塗膜を多層にする事で、多層のセラミックビーズとなって音の反射や吸収を繰り返し、防音効果を発揮します。

セラミックビーズは中空なので、約20列の中空を音の振動が通る事で、振動幅をどんどん小さくしていき、減音に繋がるという事に繋がります。

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

表面積が大きければ大きい程効果を高く発揮するので、外壁面にとても適した防音材です。

実際に外壁の塗装でどの位の防音効果が有るの?

その素晴らしい防音効果は、線路が真裏にあるお宅でも音の軽減に大きく繋がる事です。 幹線道路の騒音などは、ガイナ等の防音塗装にて防ぐ事が可能となります。

4~10デシベルも低下させる事が出来るので、快適な住環境の確保へと繋げる事が出来ます。

マイナス10デシベルになる事で、90%の音量を減らす事が出来ます。以前の騒音に比べたら、雲泥の差になるという事になります。

外壁塗装を用いた防音は地元佐倉市で評判のリフォーム店に依頼しよう!

塗装の防音効果?と首をひねるかもしれませんが、想像以上に凄い効果を発揮してくれます。

見た目の雰囲気を壊す事が無いので、防音に気になる方にはとてもオススメの塗装材料です。

けれども、こういった塗料の扱いはやはりそれなりに信頼できる所に依頼したい物です。

こちらでご紹介している様な、しっかりとした地元佐倉市で良いとされている業者さんに塗装は依頼される事がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)