外壁をカバー工法でリフォームする価格相場&5つの結露を発生させない大事なポイント!

外壁をカバー工法でリフォームする価格相場

まともな業者の場合の一般価格…150万~300万円前後


【PickUp!】習志野エリアで評判が良いで屋根・外壁リフォーム会社知ってます?
地域の方達に信頼されているのは「しっかりした施工が愛されている」から。習志野エリアで評判になっている外壁工事店を取り上げています。

習志野市で評判が『良い屋根・外壁リフォーム業者リスト』を確認する

外壁サイディングの張替え時には「胴縁」の施工を正しく行う業者に依頼しよう

外壁サイディングの張替え時には「胴縁」の施工を正しく行う業者に依頼しよう

傷んで劣化した外壁をリフォームする時、最も多く選ばれるリフォーム方法の一つが「カバー工法」でのサイディングリフォームです。

通常の外壁サイディング張替え工事を行うよりも、上からサイディング材を上張りする方がコストが安く耐久性もさほど変わらない事から、多くのお宅にこの工法が採用されています。

外壁の貼り替えのカバー工法は、下地をしっかりと組む事がとても大事となります。

下地には、胴縁という材料を使って細工をするのが定番です。

中にはこの胴縁を格安な木材で施工して腐ってしまったりするようなケースも少なくありません。

だからこそ、外壁サイディングの張替え工事は信頼のおけるリフォーム会社に相談する事がとても重要なのです。

下記には、習志野市付近での外壁リフォーム会社の評判を掲載しています。外壁サイディングの張替え工事で失敗したくない方はご参考ください。

外壁サイディングをカバー工法で張替え工事を実施する費用はどの程度?

外壁サイディングをカバー工法で張替え工事を実施する費用はどの程度?

サイディングのカバー工法で外壁リフォームを行う工事費用はどの位なのか?

おおまかな価格帯としては、大体150万~300万前後の価格帯です。値段の幅が大きいのは選ぶ素材によって大きく値段が変わってくるから。

サイディングが反ってしまったり、浮いてきてしまった時には塗装では無くこういったカバー工法でのリフォームがおすすめです。

また、模様を生かした外観のお宅に変えたい場合等も塗装は選べないので、サイディングのカバー工法が活躍します。

外壁のカバー工法でのリフォームは一括査定や業者紹介サービスに注意!

外壁のカバー工法でのリフォームは一括査定や業者紹介サービスに注意!

外壁のリフォームは定期的に行わなくてはいけない事から、常にある程度のニーズが有ります。

なので、外壁リフォームを考えている方を狙って、一括査定や業者紹介サービスがインターネット上に沢山有ります。

これらは便利そうに見えますが、注意が必要です。

あなたが外壁リフォームを行う費用の中から多額の費用を、業者より中間マージンとして抜いています。

審査を行なっていると言うけれども、書類審査のみで「ざる」の所が殆ど。お金を積んだ業者のみが紹介されると言ったおかしなサービスです。

なので、紹介される業者は安かろう悪かろうな業者が多く、「しっかりした工事を行う業者」はこういう紹介サービスなどに加盟する事は少ないです。

ご自身で地元での評判を調べて、問い合わせるのはほんの数分で行える事です。

自分で直接信頼出来そうな会社に問い合わせて、適正価格でまともな工事を受けて下さいね。

下記の業者等は、千葉県内で外壁サイディングのカバー工法を専門的に行っている業者です。

素人まがいの営業マンでは無く、実際に施工を行っている職人がプランニングから行ってくれるので適切な見積りを取得する事が可能です。

間違った業者を選びたくない方は、こういった業者さんにご相談されては如何でしょうか。

外壁のカバー工法は胴縁下地の施工が大事!リフォーム時に注意したい4つのポイント

外壁のカバー工法は胴縁下地の施工が大事!リフォーム時に注意したい4つのポイント

外壁サイディングをカバー工法でリフォームするには、胴縁下地の施工をしっかりやるかどうかが一番重要なポイントと言われています。

けれども、一般の方では実際にどういう下地処理が最適な施工なのか分かり辛いかと思います。

今回はそこで、外壁の貼り替えのカバー工法に大事な胴縁下地について、わかりやすくご説明いたします。

外壁の貼り替えのカバー工法には空気層を作る下地組みが大事!

外壁の貼り替えのカバー工法には空気層を作る下地組みが大事!

外壁の張替えカバー工法は、数年前から大変人気が出てきている簡単な外壁リフォームのうちの1つです。

外壁の張替えカバー工法には、下地組みが必要となります。

その理由は、既存の外壁と新しい外壁との間に空気層を作らないと湿気により建物に大きな影響を与えてしまうからです。

外壁と建物を安定させる為には、必須なアイテムとなります。

外壁カバー工法での通気工法の必要性ってご存知でした?

外壁カバー工法での通気工法の必要性ってご存知でした?

外壁の張替えカバー工法に胴縁での通気工法が必要な理由は、内部結露を発生させない為です。

建物というのは内部から湿気が壁内に入り込んだりと、湿気の行き来が大変多いのが現状です。

その為、建物の中というのは常に内部結露が起きやすい状態となっております。

以前は通気工法をしっかり取り入れない事で、壁の中に発生した湿気の行き場が無くなってしまった事により結露やカビが発生してしまった事故が多く報告されておりました。

壁内結露というのは想像以上に恐ろしい存在であり、このような状態を発生させてしまいます。

  • 結露により建物内部の木構造材が腐ってしまい建物の耐久性を低下させる
  • 結露により内装材に影響を与えてしまい劣化させてしまう
  • 結露によりカビが発生してしまい室内環境が侵されてしまう

この様な最悪な状態が起きないよう、外壁通気工法が開発され採用されるようになりました。

外壁と建物の壁の間に胴縁隙間を作り、空気の流通を行って湿気を改善させようという考え方です。

外壁通気工法の開発により、建物の内部が改善されてきており、昔の様な湿気で不快な建物は少なくなりました。

知っておきたい!外壁通気工法の仕組みと結露を発生させない理由

知っておきたい!外壁通気工法の仕組みと結露を発生させない理由

外壁通気工法は、壁の中の湿気を外部に逃がす事で建物内部に余計な湿気を残さないのが目的です。

建物側に透湿防水シートを張り壁内の湿気を上手く浸透させ、胴縁で外壁との間に隙間を作り空気が流れる層を作ります。

この構造により、壁内の湿気を透湿防水シートを通じて外部に吐き出し、空気層を通じ外部に放出させます。

この工法の開発により、壁内結露を少なくさせる事が実現しました。

それにより、建物の耐久性がグンと向上し、丈夫で長持ちする建物へと導く事ができるようになりました。

外壁サイディングの下地に空気層を作らないとどうなるのか

外壁サイディングの下地に空気層を作らないとどうなるのか

外壁貼り替えのカバー工法で空気層を作らないと、実際どうなるのでしょうか。

以前は、外壁の下地にアスファルトルーフィングを使ったお宅も多くありました。

外壁の下地にアスファルトルーフィングを張りその上からサイディングを張ると、外部からの湿気は壁内に通しませんが、内部に発生した湿気は壁の中に入り込んだままとなってしまいます。

湿気が溜まりやすい壁となってしまい、湿気の影響で構造体や下地、壁仕上げ材に影響を与えてしまい、耐久性のない建物となってしまいます。

また行き場のない湿気はカビと化してしまい、健康状態を侵してしまいます。

家族の中にアレルギー症状の方が居て改善しない場合は、室内で発生している結露が原因の場合が大半です。

外壁に通気層を作るだけで、建物と家族を健康へと導く事ができます。

外壁サイディングには下地は要らないという業者もいるようですが、その考えでは建物がダメになってしまいます。

建物と家族の健康を担っているのが、外壁通気工法なのです。

家族が快適に過ごせる外壁リフォーム!外壁通気工法をより快適にするポイント

外壁通気工法をより一層快適にするポイントは、気密と通気をしっかりと設ける事です。

これらのポイントにも、目を向けるようにしましょう。

窓廻りの胴縁下地の通気性の良さ

窓廻りの胴縁下地の通気性の良さ

窓廻りの胴縁下地の細工の悪さにより、空気層に万度な空気が行き渡らない場合があります。

多くの職人さんは、窓廻りの胴縁下地に隙間を設けず、窓廻りにある胴縁周りで空気が滞留してしまい上手く空気が回らない状態になっている事が大半です。

窓廻りの空気の対流をしっかり発揮させる為には、窓廻りと胴縁下地に隙間を設ける事です。

2~3cm程度隙間を空ける事で、窓廻りにも空気の循環が良くなり湿気が残りにくい下地とする事が出来ます。

外壁木下地を張ってから軒天を張る

外壁木下地を張ってから軒天を張る

外壁木下地と軒天の施工の順番を間違えると、外壁通気層から軒天に上手く空気が回らなくなってしまいます。

木下地を先に施工し軒天を張る事で、木下地の通気層より上手く空気が循環するようになります。

逆に軒天を先に施工し外壁木下地を張ると軒天の部分で空気がシャットダウンしてしまいますので、外壁下地と軒天との間に壁が出来てしまい上手く空気が循環しなくなってしまいます。

土台上に気密材を採用する

土台上に気密材を採用する

木構造体の土台と柱等の構造材の間は、微妙な隙間が出来てしまったり密着が良すぎて空気の流通が出来なくなり、不具合が発生してしまう事があります。

そのような不具合を改善させる為、土台の上に気密材を設ける事で程よい気密効果を発揮させる事ができます。

より高い外壁下地へと導きますので、オススメです。

現在の瑕疵保険制度でもカバー工法は通気工法が保証条件となっている

現在の瑕疵保険制度でもカバー工法は通気工法が保証条件となっている

現在の瑕疵保険制度では、外壁をサイディングにする場合に外壁通気工法を採用しないと、補償を受ける事ができません。

その理由は、通気工法が無い外壁サイディングは、湿気によりすぐに不具合が発生してしまうからです。

外壁サイディングの建物を長持ちさせる為には、外壁通気工法により左右されるという事となります。

外壁塗装よりも優秀!サイディングのカバー工法のポイントをまとめると…

外壁塗装よりも優秀!サイディングのカバー工法のポイントをまとめると…

  • 外壁サイディングのカバー工法は胴縁をしっかり施工するのが大事
  • サイディングの上張りを行う時の費用は150万~300万前後
  • 外壁リフォーム紹介サイトや一括見積りの利用は後悔する事が多い
  • サイディング工事は空気層を作って結露を防止しよう
  • 外壁のカバー工法は正しい通気工法で施工してもらおう

いかがでしたでしょうか。

このように、外壁貼り替えのカバー工法には胴縁を使った木下地が必要となります。

木下地の外壁通気工法が無ければ、建物もご家族もおかしくなってしまいます。

建物とご家族の健康の為にも、外壁通気工法は必ず採用しないといけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)