屋根は油性塗料と水性塗料どちらを選べば失敗しないのか?

屋根の塗料

屋根の塗装材料の選択は、水性塗料と油性塗料の2つの選択肢があります。

お客様は、このどちらの塗装が屋根に適しているのかを、予備知識によって考えるようですが、水性と油性にはどちらにもメリットデメリットがあります。

屋根の水性塗料と油性塗料の違い

こちらではそういった、水性塗料と油性塗料のメリットデメリットを詳しく掲載して行きます

屋根の水性塗料のメリットデメリット

水性塗料の1番のメリットは、臭いが出にくい事です。塗装と言えば、あの独特の臭いに顔をしかめてしまう方も多いと思います。

水性塗料には、その独特な臭いは少ないので、快適です。しかも、塗料の臭いにはシンナーなどの有害な成分が一切含まれていないので、多少ペンキっぽい臭いがしても全くの無害なので安心です。

デメリットは、塗膜の光沢が乏しい事と耐久性が弱い事です。油性のようなツルっとした鏡面のようには、仕上がりません。

マットに近い、落ち着いた光沢に仕上がります。

油性塗料のメリットデメリット

油性塗料の大きなメリットは、耐久性がとてもいい事です。油性が屋根材にしっかりと馴染んでキャッチし、塗膜が長持ちします。

外壁塗装で失敗したくなくてスマホやネットばかり見てしまうあなたへ外壁塗装で失敗しない為には「営業マンでは無く職人の話を聞く」様にすると、後悔しないと言うのが定説です。

≫ 外壁塗装は『職人に相談する』と失敗しない理由とは?

その為、光沢が綺麗に仕上がるので鏡面のように綺麗な塗膜となります。油性塗料は価格が高いのが、大きな難点です。

耐久性の面から、仕方のない事と言えるでしょう。

更に、油性ならではのペンキ独特の臭いがするので、不快に思う方も多いと思います。 勿論、今の油性の塗料には有害物質は一切配合されていません。

なので、多少の匂いが発生すると言っても、今の塗料は本当に微量なので安心です。

屋根の塗料は「油性塗料」を選ぶのがおススメです

この2つを比較して今の時代に合っている屋根塗料は、油性塗料です。

耐久性がとても高く見栄えも良い塗料なので、どんな屋根塗装にもオススメ出来ます。

また、嫌な臭いがするのが欠点かもしれませんが、そこら辺はご近所への挨拶をリフォーム会社さんにお願いすれば問題有りません。

屋根の塗料選びに迷ったら、油性塗料としっかりと対応を行ってくれる地元で人気のリフォーム店に依頼をする様にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)